www.fairfaxfeis.com

車を所有している方は知っているはずですが自動車税という税金が徴収されます。そしてこれは、愛車の買い取り時に還付される税金なのです。これというのは実際、自分でやると簡単に理解できますが、でははじめから順番に簡易的に説明しましょう。事前に記載すれば、日本で生産されている自動車に限らずイタリア車などでも税が戻ってくることになります。これは所有車なども当てはまります。自動車税というのは車のオーナーが支払うお金ですがこの金額はそれぞれの排気量の大きさで定められています。1リッター以下ならば29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円です。これ以降は500cc刻みで5000円増加していきます。またこの税は4月1日現在のの所有者が、年度内の税金を支払う定めとなっています。つまり前払いになるということですので、もちろんクルマを引き取ってもらって、所有権を失った場合は前払いした分の税額は戻ってくるんです。この自動車税というのは先払いで今年度の自動車税を支払うので、その翌年3月までの間に愛車を引き取ってもらった際は、入れ替わった所有者がお金を支払わなければいけないのです。売却相手が中古車買い取り専門店ならば、引き取り時に自分が支払いすぎた金額を返金してもらえます。まとめると所有権が移った時以後の税は新たな所有権を持った人が納付義務を負います。もし自分が10月にクルマを売った時は11月以降次の年の3月いっぱいまでの自動車税は還付されます。というのも、前も述べた通り自動車税というのは前払いであるという決まりからも明らかです。まとめると、前オーナーは売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。個人的にクルマを売買する場合には、意外にこのような大切な事実を忘れている方がいますため、忘れないようにすることです。自動車税が車を売った際に返ってくるという知識を意外に知っている人が少ない事をいいことに、それを隠す業者も存在します。こちらから自動車税の返金に関して話を切り出さなければ税金のことに関して説明しないということもしばしば見受けられます。ですから車の買い取りを依頼する時には、払いすぎたお金が返金されるのかどうかを聞くことを忘れないようにしましょう。

Link

Copyright © 1996 www.fairfaxfeis.com All Rights Reserved.