www.fairfaxfeis.com

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険と言われるものになります。この自賠責保険は通称、強制保険とも呼ばれていて愛車を定期的に定められている車検に通す際は、決まっている車検の期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。簡単に言えばすべての自動車が加入していなくてはならないものです。ではその車に自賠責保険が付いた状態で売ったケースではどうなるでしょうか。強制保険(自賠責保険)は車検の際に更新されるケースが結構あったりしますがもしも自動車損害賠償責任保険が付いたままのクルマを売った場合はお金が返金されるという事例はなかなかないと思います。なぜならば、自賠責保険の効力を消して保有者に入れ替える作業は少し面倒くさいのです。ですので強制保険というものは、名義を変えてクルマとともに譲るということが一般的です。ただその代わりの価格を代金に足してくれるのです。自賠責保険というのは自動車税と違い、既に支払った額を月単位で割り算した額が返金されるのではなく査定に乗せるというような方法がとられることが一般的ではありますがこのことが見積シートに載ることはほぼありません。そのため、車買取のときは強制保険(自賠責保険)の分の額が査定額に含まれているかを確認する必要があります。あなたが支払った保険料がどのくらいの額かということを把握しておけば、間違いはないといえます。それぞれの自賠責保険の加入保険料というのは、加入していた期間で違ってくるため確認が必要です。車の買取の場面では自賠責保険の名義変更をしなければなりません。これをしていなければ、保険会社からあなたに自賠責の満期お知らせが届くことになります。査定を検討中のマイカーが少しでも高く手放すことができることを応援したいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.fairfaxfeis.com All Rights Reserved.